著作権について

著作権は、権利の束です。
一言で著作権とは言いますが、実は著作権には様々な権利が含まれています。
大きく二つに分けると、「著作権」と「著作者人格権」があります。

「著作権」には、下記の権利があります。
・複製権---著作物を複製する権利。
・上演権及び演奏権---著作物を公に上演したり演奏したりする権利。
・上映権---著作物を公けに上映する権利。
・公衆送信権---著作物を公衆送信したりする権利。また、公衆送信されるその著作物を受信装置を用いて公に伝達する権利。
・口述権---言語の著作物を公に口述する権利。
・展示権---美術の著作物などを原作品により公に展示する権利。
・頒布権---映画の著作物をその複製によって頒布する権利。
・譲渡権---著作物を原作品化複製物の譲渡により、公衆に提供する権利。
・貸与権---著作物をその複製物の貸与により公衆に提供する権利。
・翻訳権、翻案権等---著作物を翻訳し、編曲し、若しくは変形し、又は脚色し、映画化し、その他翻案する権利。

「著作者人格権」には、下記の権利があります。
・氏名表示権---著作物の原作品に、実名若しくは変名を著作者名として表示し、又は著作者名を表示しないこととする権利。
・公表権---著作物でまだ公表されていないものを公衆に提供し、又は提示する権利。
・同一性保持権---著作物を保持する権利を有し、その意に反して変更、切除、改変を受けないものとする権利。

「著作権」は他人に譲渡することができますが、「著作者人格権」は譲渡できません。
「著作権は」原則として、著作者の死後50年間で消滅します。
「著作者人格権」については、その著作物の著作者が存しなくなった後においても、
著作者が生存しているとしたならば、その著作者人格権の侵害となるべき行為をしてはなりません。

著作権は、特許権や意匠権、商標権などと異なり、登録しなくとも権利が発生します。
無方式主義を採用しているので、創作した時点で原始的に発生します。


戻る