出願時の書類の違い

知的財産権には、商標権の他に、主に特許権、実用新案権、意匠権があります。

写真商標権者は指定商品・指定役務について登録商標の使用する権利を専有します。また、他人が指定商品・指定役務またはこれに類似する商品・役務について登録商標又はこれに類似する商標を使用する場合には、差し止め請求などをすることができます。登録商標に類似する範囲の使用については、商標権者の使用は積極的には認められていませんが、他人の使用を排除することはできます。

写真特許権者は、業として特許発明の実施をする権利を専有します。
また、権原なき他人が業として特許発明の実施をする場合などには、差し止め請求などをすることができます。

写真実用新案権者は、業として登録実用新案の実施をする権利を専有します。
また、権原なき他人が業として登録実用新案の実施をする場合などには、差し止め請求などをすることができます。

写真意匠権者は、業として登録意匠又はこれに類似する意匠の実施をする権利を専有します。
また、権原なき他人が業として登録意匠又はこれに類似する意匠の実施をする場合などには、差し止め請求などすることができます。


戻る