出願時の書類の違い

知的財産権には、商標権の他に、主に特許権、実用新案権、意匠権があります。

写真商標登録出願の際の願書には、①出願人の氏名又は名称及び住所又は居所、②商標登録を受けようとする商標、③指定商品又は指定役務並びに6条2項の政令で定める商品及び役務の区分を記載します。

写真特許出願の際の願書には、①出願人の氏名又は名称及び住所又は居所、②発明者の氏名及び住所又は居所を記載して、明細書、特許請求の範囲、必要な図面、要約書を添付して特許庁長官に提出する必要があります。

写真実用新案登録出願の際の願書には、①出願人の氏名又は名称及び住所又は居所、②考案者の氏名及び住所又は居所を記載して、明細書、実用新案登録請求の範囲、図面、要約書を添付して特許庁長官に提出する必要があります。特許出願の際に図面は必要な場合に提出すれば足りますが、実用新案登録出願の際には、図面は必須書類です。実用新案法の保護対象は物品の形状、構造若しくは組み合わせにかかる考案であるため必ず図面に表現できるものであり、また図面により考案の内容を理解することが容易となりますので、図面は必ず提出しなければなりません。図面を提出しない場合には、特許庁長官から補正命令がなされます。

写真意匠登録出願の際の願書には、①出願人の氏名又は名称及び住所又は居所、②意匠を創作した者の氏名及び住所又は居所、③意匠に係る物品を記載して、図面を添付して特許庁長官に提出する必要があります。また図面に代えて、写真、ひな形、見本を提出する際には、願書に写真、ひな形、見本の別を記載する必要があります。


戻る