存続期間の違い

知的財産権には、商標権の他に、主に特許権、実用新案権、意匠権があります。

写真商標権の存続期間は、設定登録の日から10年間です。ただし商標法には更新制度があり、10年ごとに更新の申請をすることができます。更新の申請を繰り返すことにより、商標権の存続期間は半永久的に存続することが可能です。

写真特許権の存続期間は、出願の日から20年間です。 特許法においては、存続期間の延長をすることができる場合があります。その特許発明の実施について安全性の確保等を目的とする法律(薬事法の承認、農薬取締法の登録)の規定による許可その他の処分であつて当該処分の目的、手続等からみて当該処分を的確に行うには相当の期間を要するものとして政令で定めるものを受けることが必要であるために、その特許発明の実施をすることができない期間があつたときは、五年を限度として、延長登録の出願により延長することができます。

写真実用新案権の存続期間は、出願の日から10年間です。

写真意匠権の存続期間は、設定登録の日から20年間です。


戻る