登録異議申立て

登録異議申立て制度 登録異議申立て制度は、商標登録に対する信頼を高めるために、特許庁自らが登録処分の適否を審理することを目的として設けられています。 登録異議申し立ては、何人もすることができます。 申し立てができる期間は、商標掲載公報発行の日から2月以内です。 異議申立ては、指定商品・指定役務ごとにすることができます。

異議理由 一  その商標登録が第三条、第四条第一項、第七条の二第一項、第八条第一項、第二項若しくは第五項、第五十一条第二項(第五十二条の二第二項において準用する場合を含む。)、第五十三条第二項又は第七十七条第三項において準用する特許法第二十五条 の規定に違反してされたこと。
二  その商標登録が条約に違反してされたこと。


戻る