商標権を移転することはできますか?

商標権の移転 商標権を移転することは可能です。
商標権の移転には、指定商品・指定役務ごとにする分割移転と、
同一人が所有する類似の商標権の一部を他人に移転する分離移転とがあります。

移転は、登録しなければ、効力が生じません。
相続その他一般承継の場合には、登録しなくても効力が発生しますが、
遅滞なく、特許庁長官へ届け出ることが必要です。

移転の登録の際には、商標権移転登録申請書を提出する必要があります。

また、商標権取得後に商標権者の住所が変更された場合には、
登録名義人の表示変更登録申請書を提出する必要があります。




戻る