無効審判の除斥期間について教えてください。

除斥期間 商標権の無効審判は、設定登録後はいつでも請求できますが、除斥期間があります。
除斥期間の適用がある無効理由は、3条、4条1項8号、10~15号、17号、7条の2第1項、8条1項、2項、5号、46条1項3号です。
商標登録がこれらに該当するときは、商標権の設定の登録の日から5年を経過した後は請求することができません。

一定期間平穏に経過したときは、瑕疵が治癒したものとして、既存の法律状態を維持すべく、


戻る