著作権のこと


著作権は、商標権と同じく知的財産権の一つです。

■ 効力発生

商標権の場合、特許庁に登録しなければ、権利の効力が発生しませんが、
著作権は登録しなくとも権利の効力が発生します。
著作権の場合、著作物を創作した時点で効力が発生します。

■ 保護期間

商標権の場合、設定登録の日から10年間で効力が消滅します。
ただし、何度でも更新することができますので、実質的に半永久的に保護されます。
著作権の場合、原則として、著作者の死後50年間で効力が消滅します。

■ 費用

商標権の場合、出願印紙代金、登録料、更新料など権利を維持するためには費用がかかります。
著作権の場合、費用が一切かかりません。

■ 著作権に含まれる権利の束

著作権は、権利の束と言われるように、数多くの権利が含まれています。

【著作権】
・複製権
・上演権及び演奏権
・上映権
・公衆送信権等
・口述権
・展示権
・頒布権
・譲渡権
・貸与権
・翻訳権、翻案権等
・二次的著作物の利用に関する原著作者の権利

【著作者人格権】
・公表権
・氏名表示権
・同一性保持権

著作者人格権は、一身専属性といい、譲渡することができません。